知っておかないと損します!脱毛サロンのキャンセル料について

脱毛サロンはいわゆる毛周期に合わせて2〜3カ月に一度のお手入れとなります。初回の施術でその場でごっそり抜けるわけではなく、施術をしてから2週間くらいすると抜けてきて、このお手入れを5〜6回繰り返すとやっと自己処理が楽になるレベルにまで到達します。

 

つるつる、すべすべになるまでには期間がながーくかかるものなんですよ。

 

つまり、お手入れの期間に2〜3カ月空くので、施術が終わった後、その場で予約をして帰ってたとしても予定が入ったりして脱毛サロンの予約をキャンセルせざるをえない、ということが往々にしてあります。

 

ここで気を付けなくてはいけないのが、脱毛サロンはキャンセル料に関して結構シビアだということです。

 

キャンセル料の払い方には2種類あり、コース料金以外に現金でキャンセル料そのものが課金されるタイプ、1回分の施術料がそのまま消化されてしまうというタイプがあります。
また、キャンセル料が発生する時間もきちっと決められていますので、契約するときは真っ先にでも(?)確認しておきたい項目です。

 

 


滋賀県内の脱毛サロンでキャンセル料が高いところは?

滋賀県内の代表的な脱毛サロンでキャンセル料が厳しいのがエステティックTBC
予約した前日の17時以降の取り消しでなんとキャンセル料が3,000円もかかります・・・。

 

ジェイエステティックはキャンセルする場合、予約日の2〜3日前までなら全くのペナルティなしですが、当日キャンセルや無断キャンセルだと1回分が消化されます。

 

ディオーネは予約した前日の19時以降の取り消し、当日キャンセルで1回分の消化となります。

 

リンリンは当日キャンセル、無断キャンセル、予約時間を過ぎてからのキャンセル連絡だと1回分消化となります。

 

あなたのライフスタイルをよくよ〜く考えてサロン選びをしなければ、予定が違って予約をキャンセルしただけでキャンセル料が発生したり、1回分の施術代がパーになってしまうんです。
1回くらいならまだしもこれは繰り返してしまうと、金額も結構バカになりません。
施術を受けてお金を取られるならまだしも、受けてもいないのに取られるってカナシイじゃないですか?

 

このキャンセル料がま〜ったくかからないのがミュゼ

 

ミュゼ、良いですよね〜(笑)キャンセルもいちいち電話する手間もなく、スマホでミュゼの会員サイトから取り消す処理をすればオーケーです。

 

ということで、急に残業が入るような職場の方、急にデートのお誘いが入るような予定が変わりがちなライフスタイルを送っている方はミュゼを選んでおくのが無難と言えそうです。

 

知っておかないと損します!脱毛サロンのキャンセル料について関連ページ

初めて脱毛サロンに行くなら避けた方が良いサロンとは?
脱毛サロンには個人経営と大手サロンがあります。個人経営のサロンだとスタッフが1名くらいのところも。大手サロンの良い所は店舗を自由に変えられること。滋賀県の場合、店舗を自由に変えられるサロンとしてはミュゼとTBCがあります。
脱毛サロンってキャンペーンに行ったら勧誘されちゃうの?
ネットがまだこれほど普及していない時代には確かにどこのサロンでも勧誘が激しかった時代がありました。ところがネットが普及すると一気にサロンの情報がネットを通じて出回るように。現在では昔のような勧誘活動はどのサロンでも殆ど行われていません。
エステティックTBCとエピレの違いは?どちらが便利!?
滋賀県から通うならエステティックTBCとエピレ、どちらを選ぶのが良い?どう違うの?ちょっと支店を比較してみましょう。
脱毛サロンに行く前の処理、シェービングサービスもチェックしておこう
うっかり毛が生えたままの状態で脱毛サロンに行ってしまうと、その箇所だけ光を当ててもらえなかったり、お手入れをお断りされたり、はたまた別料金でシェービング代を取られたりします。有料か、無料かも契約する前に必ずチェックしましょう。